スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両手の使い方


STでパズルをやった。

片方の手で土台を押さえてもう片方の手で形が合うようにはめる。

このとき、右手と左手の動かし方、使い方が違いますよね。

普段そんなこと考えないので、
いわれてみれば確かに違う動きなんですよね。

両手の動きが違うことが、
息子にはまだ難しいようでできない。


例えば、
はさみを使う時、
片手は紙を持って、
片手ははさみを動かす。

ご飯を食べる時、
片手は箸、
片手は茶碗を持つ。

これらはまだ息子はできません。
スプーンですくいながら食べますが、
もう片方の手は、茶碗、皿を押さえる程度です。


片手だけの動き。

指差し、バイバイ、お返事の「ハーイ」の時に手を上げる・・


両手が同じ動作。

拍手、バンザイ、いただきますのポーズ・・

等は出来るんです。



手の使い方、動かし方 なので、
本当は多分作業療法的なことだと思うんですが、
言語訓練の時にも少し取り組んでいただけるようです。
電車のパズルだったので食いつきがよかったんです。



コメントの投稿

非公開コメント

難しいです・・・・

うちの娘も同じです。
いま食事の練習を一生懸命していますが、左手でお茶碗を抑えることが出来ません。
母が抑えていれば、ちゃんと食べられます・・・( -_-)

私達が普通に出来ることが、障害のある子供たちには難しい事なんでしょうね。
sanaさんの息子さんとは障害は違いますが、お互い頑張って見守っていきましょう(^-^)

ちぃママさんへ

息子は年長さんでようやく自分で茶碗を押さえながら食べることが出来るようになりました。
でもまだ箸を使ったり、茶碗をもって食べることは出来ません。

マカトンサインもまだ初歩的なことしかやってませんが、「くるま」の動作が難しいようで、毎日練習中ですe-257

プロフィール

sana♪

Author:sana♪
40代に突入しました。

旦那さん40代。

息子tomo
特別支援学校高等部2年生☆
2009年6月側彎症の手術しました
2015年1月 2回目の側彎手術しました

カテゴリ
ようこそ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
リニア・鉄道館
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。