スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者さん

月に一度の歯医者の日でした。

息子の口の中の唾液の性質が
『虫歯になりにくいけど、歯石が付きやすい』
ようなんです。

以前は二ヶ月に一度だったけど
昨年夏あたりから六歳臼歯が生え始め、
この生え始めが虫歯になりやすい、ということで
一ヶ月に一度通ってます。

今日は気候もよく診察室も暖かかったので
歯石を取ってもらううちにウトウトし始めてました。

ずっとは口を開けてられないので
歯医者さんでよく見る機械を使っての治療ができないため、
歯科衛生士さんが少しずつ手作業で歯をカリカリしながら
歯石を取ってくれるんです。

一番奥の六歳臼歯、虫歯ではないけど
ちょっとアヤシイ感じですってえぇ
歯を磨いてあげる時に、最初に上の奥歯を一番しっかり磨いてあげてくださいと言われてしまいました。

最後はリンゴ味のするフッ素を塗布してもらい、今日の歯医者さんはおしまいです。
いつもこのフッ素を塗ってもらうとき、おいしいのか、すごく味わってます。
傍で見てる私にもリンゴのいい匂いがするんです。



4月から3年生の息子、まだ歯が一本も抜けてません・・・
六歳臼歯以外全部乳歯です。

先生に聞いたら、六歳臼歯が生え揃ってからだから心配要りませんよ、
もうすぐですよ、と言われました。

それはいいんだけど、早い子だと小学校入学前に前歯が抜けはじめますよね、
まだ前歯が抜けててもかわいらしい時なのですが、
3年生、4年生になって前歯がないのはどうなのかと・・・・・・

歯の生え始めも遅かったので、それも関係あるみたいなんですが・・・







スポンサーサイト

グループ分け


今日はSTでした。

乗り物のグループと食べ物のグループに分けることをしました。

ものの名前は大分わかってきてる息子。

例えば
電車はわかる。

では、電車は「乗り物?」「食べ物?」
となると、わからない

偶然正解することはありますが。


「車に乗るよ」「バスに乗って学校行くよ」
「ご飯食べるよ」「バナナ食べよ
など声かけしながら動いてはいるけれど、
これが乗り物だよとか
これが食べ物だよとは教えていない。

だから分からないのかな?

分からなくなると集中力もなくなっちゃうからな・・・


教えるのって難しいな・・・


家でも復習みたいなかんじでやってみるけど、
家だと甘えが出ちゃうからなかなか上手くできないんだよね。




今日はこれで集中力がなくなったので
最後は電車のパズルを先生と一緒にやって
大満足でSTを終えましたとさ。






いつの間にか


今日は日曜日なので私は目覚ましをセットしません。

でも息子は相変わらず早起きさんで・・・・・・・



息子のDVDは傷つけられたり噛まれたりしたらイヤなので(何でも噛んでしまう癖あり)、
玄関入ってすぐの部屋のクローゼットにいつもしまってあります。

引き出しや、ドアと違ってクローゼットなら簡単に開けられないと思っていたので・・・・・


いつものように早起きした息子は私や旦那さんのところへやってっきて起こそうとしていましたが、
2人ともなかなか起きません。

そろそろ起きようと布団から出たら息子が部屋にいません!

おもちゃや、本が散乱してます!

広くないお家なのですぐに見つかりましたが・・・

ナント
クローゼットを開けてDVDを物色しているではありませんか!!!

いつの間に開けられるようになったんだ?

ちょっと前に私がクローゼットの扉を半開きのままに
していたことはあったけど、その時に息子が開けたのかな?


興味があることはちゃーんと学習できてるんですね、大したもんだ!!

ならば次はどこへ仕舞おうかな?
ちょっと難しいことでも
好きなDVDのためならがんばって出せるようになるよね!?



レトルトカレー♪


今日の調理実習は
レトルトカレーカレーライス

そう、あっためるだけのもの♪

一応カレーの材料などのお勉強はしたそうですよ。


どんな手順でやったかは、よく分かりませんが
子供たち7人と先生が多分4人で
ご飯2合、カレーは2袋だったのかな?
みんなちょっとずつだったみたい。

息子はペロッと食べちゃったそうです。

来週もう一回レトルトカレーを作って、
最後の調理実習で本当にカレーライスを作るそうです。
もちろんその時は給食なしでね!


うちでも土曜日のお昼とか、ちょっと面倒くさい時に
お世話になってるレトルトカレー。
今は買い置きがないけど
また安い時に買ってきて
息子と一緒に作って食べよっと♪



側わん症

息子は3才の時から側わんの矯正をしています。

先天性の方もみえますが息子は違います。
原因不明です・・・・・

猫背のように曲がるのではなく
背骨がねじれながら、左に湾曲しています(息子の場合)。


↓普段はこんなコルセットをはめています。



でもこの装具療法だけでは限界がきたようで
今年手術をします。
昨年夏くらいからそう言われてました。

今日、手術をお願いしますと最終の返事をしてきました。




昨年12月に手術可能な体かどうかで
検査入院をし、手術ができると判断されました。



矯正を始めた頃はお座りや、ハイハイが上手に出来てきてたころだったので
なかなか思うように動けずストレスが溜まってたと思います。

でも嫌がらずに着けさせてくれてます。
なんとかコツを覚えて
寝返り、お座り、ハイハイできるようになりました。

それがだんだん立ったり、歩いたりと動く範囲が増え、
8才という年齢・成長期なんですよね。



手術・・・・・・・
もちろん悩みました。
しないという判断もありますよと言われました。

完治はしないけどこのままコルセットだけでは良くもならないし、
内臓にも負担がかかる。

背骨だしリスクも当然あると言われました。
障がいが出てしまった子、車椅子生活になった子もいると言われました。


せっかく1人で歩けるようになったのに、
車椅子生活になるなんて・・・・
ネガティブになればなるほど、悪いことばかり考えてました。
キリがないです。


でも、手術が成功したら
半年は普段の生活も気をつけてもらわないといけないそうですが
そのあとはコルセットも外れるとのこと。


する・しない、は、ご両親で決めてください。
まぁ、息子では決められないからね。

ちゃんとリスクがあることも説明してくれた。
当たり前ですかね。




幸いこの先生は脊柱専門でかなり有名みたいなんです。
同じ県内から通ってる息子はラッキーなのかもしれません。



手術の日程も今日決めてもらいました。
本当は夏休みがよかったけど、
中・高校生が優先なんだって。
テストやら受験やらがあるので。

なので
6月に手術します。

そのための自己血採血があるので
早速来月初めに一回目の採血してきます。

一回につき200mlなので手術までに8回血を採らねば。



体調管理だけはちゃんとしなくちゃ!


忙しくなりそうです。









プロフィール

sana♪

Author:sana♪
40代に突入しました。

旦那さん40代。

息子tomo
特別支援学校高等部2年生☆
2009年6月側彎症の手術しました
2015年1月 2回目の側彎手術しました

カテゴリ
ようこそ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
リニア・鉄道館
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。